帝京大学ダラムキャンパス 校長 今関雅夫

校長挨拶

英語力を高める一番の方法は、英語が母語として使われている国へ留学し、適切な指導とカリキュラムの下で一生懸命勉強することです。そして、学んだ英語を生活の中で積極的に使うことにより、英語はどんどん身についていきます。

帝京大学はイングランド地方北東部の古都であり大学町であるダラム市に校舎と寮を有し、1990年から留学プログラムを展開してきました。少人数制のクラスでネイティブの先生から教わる実用英語科目やイギリス在住が長く経験豊かな日本人講師によるイギリス文化論などの講義科目を通して、実践的な英語を中心に、教養も身につけられるようなカリキュラム構成になっています。また、名門ダラム大学との提携により、帝京大生はダラム大学内の4つのカレッジのいずれかに所属し、カレッジ・ライフやクラブ活動を通し、イギリス人学生や留学生と交流ができます。ダラムキャンパスでは様々な機会をとらえて日本文化を紹介する場を設け、現地の人々との交流を促進しています。

留学後半に用意されているイギリス各地の語学学校での5週間の授業やホームステイは実践の場となります。語学学校の学生は皆母語が英語ではない国から来ていますので、彼らと切磋琢磨することで、lingua franca(共通言語)である英語のコミュニケーション能力を高めることができます。

また、オプションとなりますが、ヨーロッパの都市を巡る研修旅行にも参加できます。イギリスとは異なる文化を持つ国々を訪れることも人間形成の上で大きな意味を持つと確信しております。

グローバルな社会で大きく飛躍をするために、英語力とコミュニケーション力、そして豊かな教養をこのダラムキャンパスで身につけてもらいたいと願っています。

帝京大学ダラムキャンパス 校長 今関雅夫

Principal’s Greeting

Welcome to Teikyo University of Japan in Durham. Now that you have decided to come to our University in Durham, I believe that you have high motivation to improve your English ability, as well as to learn the cultural differences between the UK and Japan. I do hope that you will continue having that motivation throughout your stay in Durham. We, the staff at Teikyo University, will do our very best to provide many opportunities for effective integration with Durham University students and local people.

With your high motivation and your strong resolve, I hope that your ability in communicative English will have improved vastly by the time you return to Japan.

Professor Masao Imaseki